ホーム > 選考規程

選考規程

選考規程
総則

クリニカルニュートリション研究会 スカラーシッププログラムの支援する研究の選考は、本規程の定めるところによる。

選考委員会

選考委員長 辻本 元   (東京大学 獣医内科学教室教授)

選考委員 大野 耕一 (東京大学 獣医内科学教室准教授)
石岡 克己 (日本獣医生命科学大学 獣医保健看護学科准教授)
久末 正晴 (麻布大学 獣医内科学第二研究室准教授)
西藤 公司 (東京農工大学 獣医内科学教室准教授)
坂井 学    (日本大学 獣医内科学研究室専任講師)

助成金および報奨金の対象となる研究の選考は、選考委員会が応募者の申込書および研究計画書にもとづいて行う。応募者が選考委員と同じ機関に所属する場合は、その選考委員は選考協議には参加し、決定には参加しないものとする。

助成研究
の選考

助成研究の選考は、次の各基準によって行う。

(1)犬と猫の臨床栄養学に関連する研究であるもの

(2)当該分野において学術的価値があり、基本的に期限内に成果を期待できる研究計画であるもの

(3)将来的に臨床症例の治療に対し貢献が見込める研究を特に推奨する

(4)オリジナリティーがあるもの(学会および学術誌に未発表であるもの)

(5)動物実験または臨床研究において各大学および施設の倫理規準に準じ、当研究会の倫理指針にも沿うもの「応募規程(10.倫理指針)」

(6)選考の流れ
一次審査 (5月末)
一次審査の結果を応募者全員に発送 (6月上旬)
二次審査締め切り (6月16日) ※一次通過者のみ、必要書類を英語でご記入下さい。
二次審査結果 (7月中〜下旬)

アワード研究
の選考

本プログラムで助成された研究のうち特に優秀なものがあれば、優秀賞、奨励賞として研究報奨金を授与する。
この選考は次の各基準等によって行う。

(1)研究が計画書に対し適切に遂行されたか

(2)研究報告書が適切にまとめられているか

(3)臨床栄養学における貢献度

(4)学会での成果発表 など

↑このページのTOPへ

Copyright © 2014 Japanese Society of Clinical Nutrition. All Rights Reserved.

Yves Lanceau.